サイトマップ

菅原木工 神仏をまつる堂宇から住宅まで


曹洞宗関連書籍























檜倉山 興源寺


【本堂外観】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 本堂外観
 宮城県と山形県を結ぶ国道48号線(作並街道)沿いにある当寺院は、曹洞宗の寺院です。

【本堂外観】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 本堂外観
 寺の伝えでは、伊達家の家臣平賀源蔵が建て、仙台の竜泉院十八世武山正芸を開基とし、かつては壇ノ原(宿)に所在していましたが、1959年(昭和34年)8月に現在の北子原に引っ越しました。

【本堂向拝】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 向拝 唐破風
 現在の本堂は、平成4年に施工。屋根は入母屋、向拝は軒唐破風としています。
屋根は銅板一文字葺で向拝・内陣等の柱・虹梁等にはケヤキ材を使用しています。
本堂の床面積は236.6㎡です。

【本堂内陣】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 内陣


【本堂内陣】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 欄間


【本堂内陣】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 内陣 格天井
内陣の天井は折上格天井としています。
【庫裡外観】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 庫裡外観
【庫裡外観】
【仙台市青葉区】 檜倉山 興源寺 庫裡外観



【工事概要】
本堂新築工事
庫裡新築工事
庫裡増築工事
庫裡改修工事
庫裡屋根改修工事


Copyright(C) 2009-2024 sugawaramokkou All Rights Reserved

inserted by FC2 system